水まわりのお悩みFAQお客様からよくいただくトイレのつまり、水漏れ等の質問をまとめました。

トイレ編

タンクや便器の表面から水滴が落ちるのはなぜ?

ガラスのコップに氷水を入れると、コップが汗をかくように、便器やタンクも汗をかくことがあります。この汗を結露といいます。結露は、空気中に含まれる水蒸気が、便器やタンクの表面で冷やされることによって、凝結する現象です。湿度が高く、水温と温室の差が大きいほど生じやすく、地下水を利用している場合や湿度の高い梅雨時、あるいは冬の暖房時などによく見られます。
ひどい場合には流れて落ちて床まで濡らしてしまうことがあるため、すぐに拭き取るようにしてください。また換気扇を回したりまどを開けたりして、トイレの換気をすれば結露しにくくなります。

トイレタンク交換、修理このページのTOP

タンクの水量を減らして節約したい。中にものを入れてもいいの?

トイレの水を節約するため、タンクの中にペットボトルやビンを入れている場合があります。しかし、これはおすすめできません。タンクの中には、ボールタップや浮玉、フロートバルブなど、大切な部品がおさめられており、異物を入れるとこれらが正常に作動するのをさまたげ、故障の原因になりかねません。また、便器は洗浄に必要な水量を流すことで、はじめて洗浄能力が維持できるようになっています。ですから決められた水量以下では洗浄機能が発揮できず、最悪の場合便器がつまってしまうこともあります。

トイレタンクこのページのTOP

トイレの水が止まらないのは何が原因?

ボールタップが磨耗・故障している場合があります。
クラシアン お部屋の水まわりNAVI」で詳しく説明しています。ご参照ください。

トイレタンクの修理、交換このページのTOP

水の流れが悪いときはどうしたらいいの?

大量のトイレットペーパーを使ったときや、異物を落としたことに気付かず流してしまったとき、大量のトイレットペーパーを使ったときや、トイレタンク内の水量不足等でトイレ(便器)がつまってしまうことがあります。、「ラバーカップ」という道具さえあれば、直せる場合もあります。「しまった!」に備え、ご家庭で常備されることをおすすめします。
クラシアン お部屋の水まわりNAVI」で詳しく説明しています。ご参照ください。

トイレの詰まり(つまり)修理このページのTOP

蛇口編

水栓を閉めたときの「ドーン」という音、なあに?

水栓のハンドルを閉めた際、壁の中で「ドーン」というような音がする時があります。これをウォーターハンマー(水撃作用)といいます。電車が急停車すると、乗っていた人は前方に倒れてしまいますが、これと同じ理屈です。水を急に止めると、それまでスムーズに流れていた管内の水が直角に曲がった管壁などにぶつかって音が出るのです。
ウォーターハンマーを起こしやすいのは次のような場合です。
1.水圧が高い
2.水栓を早く閉める
3.配管に曲がりが多い
4.配管の固定が不十分

ウォーターハンマーを防ぐには、配管の施工段階からの配慮が必要になりますが、使用方法で解決できる場合もありますので試してみてください。
1.器具に止水栓が付いている場合は、使用に支障がない程度まで水をしぼって(止水栓を閉じて)みる。
2.水栓を閉めるときは、できるだけゆっくりと閉める。特にシングルレバー形式の蛇口は、急閉止させてしまいがちですので注意してください。

蛇口の修理・交換このページのTOP

ハンドルを閉めても蛇口から水漏れしているのは?

水の開閉を調節するコマパッキンの磨耗が原因です。ハンドル下のコマパッキンを交換しましょう。
クラシアン お部屋の水まわりNAVI」で詳しく説明しています。ご参照ください。

バルブ式蛇口水漏れ修理このページのTOP

蛇口のハンドル下から水漏れするのですが?

キャップナットのゆるみか、三角パッキンの磨耗が原因です。三角パッキンを交換しましょう。
クラシアン お部屋の水まわりNAVI」で詳しく説明しています。ご参照ください。

蛇口の水漏れ修理このページのTOP